オイルでマッサージセルフエステ

自宅で気軽にリラックス!華やかな香りでもちもち弾力肌へ

自宅でお風呂上りなどにお手入れをしている方も今では多いと思いますが、マッサージに使用するオイルは自分の望む効能や用途を知った上で使えば、更に効率的に使用する事が出来るでしょう。
まずご紹介するのはビタミンCが多く、アンチエイジング効果があるとも言われている「ローズ」です。お馴染みの香りですが、肌の炎症を抑えたり肌状態を良くするだけではなく、腸の調子を整えたり女性ホルモンを調整してくれる作用も期待出来ると言われています。香りも番人向けで使用しやすく使いやすい所も魅力のひとつですが、妊娠中の方は使用に注意が必要な事でも知られています。また、オイルで外側から働きかけるだけではなく、ジャムやお茶などで摂取する事も良いとされているようです。

甘く柔らかな匂いが素敵。糖化を防ぐのはこの香り

次にご紹介するのは「カモミール」です。こちらもお馴染みの香りですね。
リラックス効果やストレスを和らげる事で知られていますが、それだけではなく美容にも実は良いんです。
カモミールは肌や髪の保湿に良いとされ、しかも肌の糖化を防ぐ役割も期待できるとされています。ターンオーバーが低下する事で、シミやシワの原因になる事もある糖化を防ぐ事が出来るのは嬉しいですよね。その他にもアレルギーを和らげたり、消化器系の不調にも良いとされています。甘く柔らかな香りで使いやすい所がカモミールの良い点なのですが、カモミールの種類の一つのジャーマンカモミールという種類を使用すると、皮膚炎を引き起こす可能性があるので皮膚の弱い方は注意が必要です。